ハーブピーリング

リベルハーブと4Bミネラルの違いって?比較してみた!

ハーブピーリングの中でもよく聞く、リベルハーブピーリングと4Bミネラルトリートメントってどっちがいいのか?どう違うの?と思われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか…

今回リベルハーブと4Bミネラルを実際に施術を受けて、

効果やダウンタイム、痛み、価格などの違いについても解説していきたいと思います!

ハーブピーリングとは

ハーブピーリングとは植物由来(ハーブ)や海藻由来(ミネラル)などの天然成分を用いて、棘状(とげじょう)の成分を肌に浸透させる事で新陳代謝を高め、皮膚の再生を促します。

皮膚の内側から細胞を活性させられるのがこのハーブピーリングの特徴です。

通常の市販などでよく目にするピーリングは肌表面の剥離を促す物ですが、ハーブピーリングは肌の奥から働きかけ角化を促せるものです。

高い安全性と大きな効果が見込めることから、価格はやや高めです。

ハーブピーリングの特徴は1回の施術でも毛穴の目立ち、肌表面の凹凸軽減、肌つやUP、リフトアップにも十分効果が期待できます。

更に3ヶ月〜半年の期間(※個人差あり)をかけて間隔を空けながら回数を重ねる事で更に高い効果が得られ、良い細胞が定着し肌トラブルをおこさない肌に導いていくことができるのが最大の特徴です。

ハーブピーリングの効果と特徴メリットデメリットについて解説 この記事をご覧になられた方はハーブピーリングは本当に効果があるのか?デメリットはないのか?など気にされている方が多いのではな...

リベルハーブと4Bミネラルトリートメントの違い

リベルハーブ 4Bミネラルトリートメント
痛み かなり強度な痛み。ガラスの破片を擦られているような感じ。火傷に近いような熱さ チクチクはするが、そこまで痛みほどまではない。正直眠れるほど。
ダウンタイム 一週間ほど。

赤みが強く出る。

人に会える状態ではない。1週間会社を休む必要がある。

1週間ほど。

赤みは全体にふんわりと酔っ払ったような出かたをするが翌日には赤みが引いていた。

剥離はそこまで深くはめくれず、薄皮が全体にめくれる。

仕事にも問題なく行ける。

メイク 1週間メイクはできない。 翌日からOK
専用の化粧品 施術の最後鎮静クリームを塗ってくれるのだがクリームが透明ではなく緑色に近い為、お化けのような印象になった。

黄土色のような専用クリームをかなり分厚く塗らなくてはいけない。

推奨してる専用化粧品あり。

(EGF、成長因子、etc…)

今自宅で使っている基礎でも問題はない。

効果 1週間後につるっとする。

剥離後のツヤ感はとてもいいが徐々に消えていく。

1週間後につるっとする。

感覚ではこちら方が持続するような気がした。

価格 1回辺り税込¥54,000円 1回辺り税込¥30,800円

 

まとめ

どちらも体感した感じでは、ツヤ感が剥離後に出てきたのでハーブピーリングはとてもいいなと感じました。

しかし、リベルはメイクができなかったり、仕事を休まなければいけないという点は少し嫌だったなという感想と、灼熱おような痛みと熱さに私はきつさを感じました。

もう一度するならば、4Bミネラルの方が痛みは少なかったのと、効果も同じぐらい感じれたので、強いていうならば4Bミネラルの方がメリットが多いように感じました。

両方合う方を試してみてもいいかもしれませんね。

美容オタクが実際に行ってみた! ハーブピーリングサロンランキング【エリア別】