光フェイシャル

光フェイシャル効果ないと感じた人の共通点について!詳しく解説

この記事では、光フェイシャルをしてみたけど、あまり効果を実感できなかった、周りに良いという人はいるけれど、自分は違ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

光フェイシャルは美肌やアンチエイジング効果に大変期待できます。

しかし、それぞれの肌状態によって、効果を最大限に出せない方、または無意味になってしまっている方もいます。

それはどういうことなのか?
効果を感じにくい人の共通点について解説していきたいと思います。

光フェイシャルとは?

光フェイシャルとはエステサロンや美容クリニックなどで受けられる施術の一つです。

加齢や紫外線、外部刺激など、肌ダメージを受けた、肌トラブルに対して、肌内部に光刺激を与えて、肌トラブルの源に直接アプローチして肌改善していくものです。

光フェイシャル(フォト)の特徴と効果、メリット、デメリットについて徹底解説! この記事をご覧になられた方は光フェイシャルは本当に効果があるのか?デメリットはないのか?など気にされている方が多いのではない...

光フェイシャル効果ないと感じた方の共通点

続いて、光フェイシャル効果ないと感じた人の肌状態、共通点について解説していきます。

肌の水分量が少なく乾燥している状態

お肌の水分量が少ないと、光を照射しても肌の内部に入っていきにくい傾向にあります。

なぜかというと、光が中に入っていくと同時に肌の内部の水分も吸収しながら入っていくからです。

つまり、肌が乾燥していて水分が少ない状態のお肌に当てた所で、光が中に入っていかないので、意味がないのです。

これが光フェイシャル効果がないと感じる理由の一つです。

同じく光脱毛も乾燥しているお肌には効果が激変してしまいます。「私だけどうして回数がこんなにかかるんだろう…」と思われている方特に要注意!

肌が赤く、炎症と化膿ニキビがある状態

炎症ニキビ・化膿ニキビについては光フェイシャルで改善するのは正直言っていまいちです。

まず炎症ニキビができている時点で、細胞の循環が悪なっている証拠です。

すでに肌の赤みもなくトラブルもない状態で、光フェイシャルを受けると効果は感じられます。

なぜかと言うと、光の性質上、肌内部の水分が保持できている状態でないと、中に光が入っていかないからです。

つまり、ニキビができていて、肌内部の水分量も低い状態だと光を当てても中に入っていかないので、意味がありません。

まずは、ハーブピーリング(4Bミネラル)などで、先に細胞の循環をよくして、肌を入れ替えてから、光フェイシャルをすると、掛け合わせもとてもよく、最強のお肌を作りあげる事ができます。

光フェイシャルは分類でいうと、内部活性になるのですが、炎症にきびや化膿ニキビがある状態に光を当ててしまうと、活性がかかりすぎてニキビが悪化してしまう恐れがあります。

ハーブピーリングの効果と特徴メリットデメリットについて解説 この記事をご覧になられた方はハーブピーリングは本当に効果があるのか?デメリットはないのか?など気にされている方が多いのではな...

光フェイシャルと相乗効果のある施術は?

光フェイシャルと相乗効果がある施術は4Bミネラル(ハーブピーリング)です。

まず、お肌の土台ベースが整っていない状態であらゆる施術をした所で、細胞の循環が悪いと、どれだけ高価な美容液などを使ったとしても効果がないので本当に勿体ないです。

お肌に悩みがある方ですと、4Bミネラルで施術してから、二週間後に光フェイシャルを当てるを、繰り返していくと、大概どんなお肌の方でも綺麗なツヤ肌に向かう事ができます。

ハーブピーリングの効果と特徴メリットデメリットについて解説 この記事をご覧になられた方はハーブピーリングは本当に効果があるのか?デメリットはないのか?など気にされている方が多いのではな...
美容オタクが実際に行ってみた! ハーブピーリングサロンランキング【エリア別】